注目のバイオエタノール!新しい再生燃料のメリット・デメリット

技術


アウトドア用品買うならエルブレス

バイオエタノールって皆さんご存知ですか?

植物からできいて環境に良い!という程度の知識しかない私でしたが、最近では私たちの生活にもっと身近なものになってきています。

ずいぶん前から、環境問題、地球温暖化問題などでCO2削減と言われてきていても結局、他人事になってしまっていたと思います。
私もその一人です。
かと言って燃料がないと私たちの生活環境が激変します。

なくてはならない原油ですが、価格の高騰や環境問題から原油に変わる燃料が注目されています。

この新燃料がもっと普及して様々なものに使用できるようになれば地球にとっても私たちにとっても救世主となることでしょう。

さて、今回はそんな注目の新燃料バイオエタノールについてメリット・デメリットをまとめてみました。

バイオエタノールとは何か?

バイオとは生物(植物)のことで、生物からつくられたエタノールのことです。

バイオマスといわれる再生可能な有機資源(サトウキビやトウモロコシ、油やしなど)を元に糖、デンプン、セルロースなどを原料として製造されるエタノールのことです。

バイオ燃料は燃焼の際には今の燃料と同じくCO2を排出しますが、原料の植物の成長過程でCO2を吸収しているので結果としてCO2の排出量はゼロであるとされています。これをカーボンニュートラルといいます。

バイオ燃料の種類

バイオ燃料にはいくつか種類があります。
1、 バイオエタノール
サトウキビ、トウモロコシが原料
植物の糖、デンプン、セルロースなどを原料として製造されるエタノールを抽出したもの。

2、 バイオガス
生ごみなどの有機廃棄物、家畜の糞などを発酵
させて、嫌気性微生物の働きでメタンガスを発生させ回収したもの。

3、 バイオディーゼル
BDF(Bio Diesel Fuel)という。
菜種油などの植物性油にエタノールを加えて合成したもの。
ディーゼルエンジン用のバイオ燃料。

4、 木質燃料
薪やおがくずなどのペレットなどのこと。

これらをまとめてバイオマスエネルギーバイオマスと呼んだりします。

バイオエタノールの原料

バイオエタノールの原料は炭水化物を含む生物由来の資源であれば何でもよく、生産効率から考えると糖質、デンプン質を多く含む材料が選択されています。

糖質原料

サトウキビ
モラセス
てんさい

デンプン質原料

トウモロコシ、麦
ジャガイモ、サツマイモ、キャッサバなど

バイオエタノールの生産大国であるアメリカブラジルでは世界のバイオエタノールの8割をこの2国がシェアしています。

アメリカではトウモロコシ、ブラジルではモラセス、欧州ではてんさいが主な原料になっているようです。

バイオエタノールの製造工程

基本的には焼酎な製造する工程と同じ原理でバイオエタノールが作られます。

まず、原料となる植物に水と硫酸を加えて酵母によるアルコール発酵で低濃度のエタノールを生成します。

それを濃縮・蒸留して95%程度のエタノール濃度として脱水しほぼ純粋なエタノールが得られます。

sponsored link

バイオエタノールの燃料としての利用方法

バイオエタノールを燃料とした場合、エタノールのみで利用することも、ガソリンなど他の燃料と混合して利用することが可能です。

ガソリンと混合の場合、エタノールの混合比率によって【Exx】と表記されます。

ガソリンと混ぜて自動車用の燃料に使うことが可能です。

バイオエタノール大国のブラジルではガソリンに20%混入や100%のエタノール自動車が走行しているようです。

日本では3%混入の燃料の使用ができるようです。

しかし、バイオエタノール単体をそのまま車の燃料として使用すると環境や車にとって悪影響があります。

・排気ガスの窒素酸化物やアルデヒドの排出が増加する。
・エンジンの始動性が悪くなる
・車の加速性、安定性が損なわれ運転性能が低下する
・車の金属部に腐食が生じる
・車のゴムの膨潤、樹脂が劣化する

バイオエタノールのメリット

1. 再生可能エネルギーである
2. 燃焼によってCO2の量を増やさない

(カーボンニュートラルの考え方)

バイオエタノールのデメリット

1. CO2削減は生産過程を通してみた場合効果があるか
2. エネルギーを得るための効率
3. 食料との競合

バイオエタノールの感想

今回はバイオエタノールについて調べてみました。まったくCO2が削減できるというわけではないんですね。

私たちの今の燃料である化石燃料に置き換えてというのはまだまだ難しい面が多いでしょう。

車に使うのも正直私なら大丈夫なのかな?と不安になってしまいます。
普段の暖房器具など灯油を使うところをバイオエタノールで使うとかなら普及もあるかもしれません。

バイオエタノール暖炉

おしゃれな家にはおいてある!?
バイオエタノール暖炉


今はこんなインテリアにおしゃれな暖炉があるみたいです。

お値段がそこそこしますが、何度も買うものではないですし、デザイン性が高いというのが私の一押しぽいんとですね。

他にメリットは一酸化炭素が出ないということです。これは小さいお子様がいる家庭では特にうれしいですよね。

一酸化炭素が出ないからと言って換気をしなくていいというわけではありません。CO2はでます。

あとは煙が出ないのでマンションでもバイオエタノール暖炉を設置できます。

お部屋にあるだけで特別な空間になりますよね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました