インフルエンザ予防接種の副作用は?要注意の症状と確率は?

病気

インフルエンザが流行してくる季節になるとそろそろ予防接種しないと!と考えると思います。

今まで受けてきて特に副作用など起こったことがない人は不安は少ないと思いますが、初めて受けられる方や子供の場合は副作用が気になることでしょう。

インフルエンザで苦しまないために予防接種を受けたのに副作用で苦みたくないですよね。

副作用と一言に行っても軽いものから重いものまで様々です。

自分は大丈夫でも、もしかしたらご家族の方は副作用が出るかもしれません。

副作用はどれくらいの確立で起こるものなのでしょうか?

そこで今回は気になるインフルエンザの予防接種で起こりうる副作用についてまとめてみました。

 

インフルエンザ予防接種の効果持続時間は?

インフルエンザ予防接種の総論

軽度の副作用(確率)
・注射部位の症状(10~20%):注射部位が痛む、硬くなる、赤くはれる など。
・全身症状(5~10%):発熱、頭痛、悪寒、倦怠感など。
・副作用が起こるまでの時間:接種後24時間以内に発症
・副作用が治まるまでの時間:2~3日程度重篤な副作用・要注意症状(0.002%):全身の発疹、呼吸困難、アナフィラキシー、血管浮腫など
・副作用が起こるまでの時間:接種後30分以内に発症

・副作用が現れたら:すぐに予防接種を受けた病院に電話して指示をもらう

インフルエンザ予防接種の副作用について触れていきたいと思います。

インフルエンザの副作用の症状

副作用と一言にっても軽度のものから重篤なものまで様々です。

インフルエンザの予防接種での副作用で軽度のものとして

① 注射した部位の症状が10~20%と高く軽度です。
痛みがある、硬くなる、赤く腫れる、だるいなどです。
局所の反応だけでなく、全身症状を起こすこともあります。

② 全身症状が5~10%
発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などです。

どちらも予防接種後24時間以内に見られ2~3日程度で回復します。

一方で、重篤な副作用には(0.002%)(5万人に1人)

全身の発疹、呼吸困難、激しいアレルギー(アナフィラキシー)、血管浮腫などがあげられます。

最も多いのがアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシショックとは?

アレルギー物質が体内に入ってくることによって急激に引き起こされる全身性の強いアレルギー反応のことです。

皮膚:蕁麻疹、痒み
呼吸器:咳、くしゃみ、息切れ
粘膜:目の痒み、唇・舌・口腔内の腫れなど
循環器系:血圧の低下、めまい、意識消失、顔面蒼白、嘔吐など

これらの症状が複合的に起こる症状です。

重篤な場合、接種後30分以内に発症することが多いので、病院などによってはインフルエンザの予防接種後30分は院内の見えるところに座っておいてもらうところもあるみたいです。

こういった重篤な症状は早く現れるのです。

しかし、予防接種後24時間は体調の変化に気を付けなければいけません。

すぐには出なくても、高熱、けいれん、しびれ、息苦しさ、嘔吐下痢などが起こることがあるからです。

その場合直ちに医師の診察を受けてください。

他の重篤な症状として、けいれん、運動神経障害(ギランバレー症候群)や筋力低下、手の震え、急激な視力低下(眼球を動かした際の痛み)などが起きた報告もあるようです。

しかし、インフルエンザの予防接種との関連があるかはっきりとしていません。

いずれにしても何かいつもと違う症状が出れば医師の診察を受けてください。

インフルエンザの副作用いつから起こる?

上記で解説してきた通りです。

軽度の症状は接種後24時間以内に発症
重篤な症状は接種後30分以内に発症

通常は2~3日程度で回復するものばかりです。

特に体調に変化が見られない場合でも、予防接種後24時間は体調の変化に気を付け激しい運動は控えましょう。

インフルエンザ予防接種で副作用が起こる確率

全体として20~30%と高い確率です。
予防接種による副作用のほとんどが、注射部位局所の症状です。(腫れたり、赤くなったり)

重症度別

注射部位の症状:10~20%
全身症状(軽度):5~10%
重度の症状:0.002%(5万人に1人)

インフルエンザ予防接種後の注意事項

接種後30分はできれば院内で待機して万が一重篤な症状が出た時でも対応できるようにしておきましょう。
接種後24時間は体調に気を付けましょう。すぐには症状は出なくても高熱、けいれん、息苦しさ、嘔吐、下痢、急激な視力低下などが現れる場合があればすぐに医師の元へ受診してください。
③ 予防接種後は激しい運動、飲酒、睡眠不足などは避けましょう。
④ お風呂は入っても構いませんが、注射の部位を強くこすったりしないでください。

最後に

副作用について調べると怖くなってインフルエンザの予防接種をためらいがちですが、重症なものは極わずかです。

予防接種によって残念ながら亡くなられる方もおられますが、そのほとんどが持病もちの高齢者ばかりです。

そして、インフルエンザに感染してなくなる方に比べればわずかなものです。
ですから、過度に気にしなくても良いでしょう。

持病のある方や免疫力の落ちている方など心配なことがある方は予防接種を受ける前にしっかり医師と確認してから予防接種を行うようにお願いします。

そして、関係ないかもと思っても予防接種後にアナフィラキシー症状がみられる場合などは直ちに医師に連絡し診察をしてもらってください。

子供の変化は大人の人がしっかり見ておいてください。

 

インフルエンザの予防接種の効果持続時間は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました