Billlie ツキ(タルちゃん)はどんな子?日本人メンバーの経歴や驚愕の表情管理が大バズリ!

アイドル

Billlie ツキ(タルちゃん)が新曲「GingaMingaYo (the strange world)」で見せた表情豊かなパフォーマンスが話題です。

そこで、

Billlie ツキ(タルちゃん)はどんな子なのか?

Billlie ツキの愛称はなぜタルちゃん?

Billlie ツキ(タルちゃん)は元モデルの噂は本当なのか?

Billlie ツキ(タルちゃん)の経歴は?

日本人メンバーであるツキ(タルちゃん)について調べてみる事にしました。

Billlie ツキはどんな子?

本名:福富つき

愛称:タルちゃん

生年月日:2002年9月21日

出身地:日本

身長:165㎝

血液型:O型

家族:両親(一人っ子)

趣味:シューティングゲーム

事務所:MYSTIC STORY(韓国の芸能事務所)

2021年11月10日に韓国の芸能事務所であるMYSTIC STORYから初のガールズグループとして日韓合同のガールズグループ「Billie」(ビリー)がデビューしました。

7人グループのうち2人が日本人で、そのうちの1人がツキさんです。

ツキさんは元日本のファッション雑誌であるPopteenのモデルとしても活動していました。

福富つき(ツキ)さんが最初に韓国に渡ったのは中学生のころです。(2016年)

当時はまだK-POPグループに日本人がいることが珍しい時代でした。

その当時から、行動力が高かったのだと分かります。

本人も「怖いもの知らずだった」と当時の事を振り返っています。

「自分は出来る!」みたいな根拠のない自信があったと話していました。

この頃の経験が今やっと花開いていると思うと、あの時行動してよかったと思いますよね。

中学生というまだ親元から離れるのは難しい年齢にもかかわらず、ご家族の応援の元、単身韓国生活を始めたそうです。

日本にいても単身で親から離れての生活は不安があるでしょうに、韓国に行くと強い決意がないととても出来る事ではありません。

ツキさんがダンスを学び始めたのは4歳の時からです。幼いころからK-POPが大好きでダンスを学び始めたそうです。

小学校4~6年生ではEXILEのバックダンサーも務めており、ステージに立つアーティストをみて「私もアーティストとしてステージに立ちたい」と思う様になったそうです。

Billieのツキはメインダンサーのポジションも務めているので、YouTubeで多くのアーティストのダンスカバーをしているツキさんが見れます。

 

愛称がなぜ「タルちゃん」なの?

日本でのPopteenのモデル活動名はTARU(タル)ちゃんでした。

名前の月(つき)を韓国語ではタルというそうで、名前をニックネームに使っていたそうです。

 

また、ツキさんは「礼儀正しい」と周りから言われているようです。

ファンにも共演する方にも丁寧に対応している姿が伺えます。

韓国語にも、日本語にも順応しており、テキパキと落ち着いてコメントされています。

Popteenの表紙を決める戦いにも優勝しており、礼儀正しさが人気を後押ししたという声もありました。

ツキさんはオンオフの切り替えが上手で、撮影合間ではみんなを笑わせたり、いざ撮影が始まるとキリっと真剣モードに切り替わることができます。

そんなツキさんだからこそ、新曲の「GingaMingaYo (the strange world)」でも表情管理がスゴイと話題だったのも普段から無意識的にされているのかも知れませんね。

ツキさんはとっても真面目でみんなをまとめるリーダー的存在でもあるようです。

Popteenの企画で先輩モデル2人がケンカをしてしまうというドッキリを仕掛けられたツキさん。

後輩という立場で、何とも気まずい空気が流れる中、ツキさんは先輩に気を使いながら2人で話し合う様に促して大人の対応を見せました。

 

ネタバラシされたときは「安心しました」と福富つき(ツキ)の性格がわかるドッキリでした。

日本でPopteen発の音楽プロジェクト「7+MELink」(ナナメリンク)に参加もしていました。

ファンからは反対の声や様々な意見もあったようですが、「やらないで後悔したくない、やるなら全力でやる」と決意して参加しました。

現在、Billieのメンバーであるシユンさんと大の仲良しで姉妹のような関係です。

「7+MELink」(ナナメリンク)で共同生活をしていた際、「みんなのママ」と呼ばれていたそうです。

話合いには積極的に発言し、みんなの意見を聞いてそれに対し自分の意見も返すというようにみんなの取りまとめ役も担っていたようです。

Popteenの撮影現場では、日本語勉強中のシユンさんのサポートもしていたそうで、シユンさんが日本語を話す姿をみて感動して泣いてしまった事もあるらしいです。

親のような気持ちだったのかもしれませんね。

そんな福富つきさんだからこそ、シユンさんも本当の姉のように慕っているのだと思います。

Billieのツキさんの人気は、ビジュアルが可愛いでけではなく、ダンスの実力もさることながらみんなの面倒も見れる誠実で真面目な姿がファンを魅了しているのかもしれませんね。

韓国語もメキメキ上達しているようで、一緒にモデルをしていたシユンさんは

「お姉さん(ツキ)の韓国語の実力がどんどん伸びていくのを見て私も日本語の勉強をもっと頑張らなきゃと強く思いました。

とコメントしています。

韓国でアイドルになるということは、語学もしっかりと勉強しないといけません。

ツキさんは、

「BoA先輩、少女時代先輩のように世界中のステージで活躍したいです。ボーカルとダンスの実力はもちろん、堪能な外国語を駆使してカッコよく海外活動をされている姿をいつも尊敬していますし、見習いたいと思っています。私も韓国語と英語の勉強を熱心に頑張っています!

と話していました。

ダンスや歌の練習だけではなく、世界を見据えて韓国語と英語の勉強もされているのは尊敬します。

ツキちゃん↓

 

Billlie 日本人メンバーツキの経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Billlie(@billlie.official)がシェアした投稿

ツキさんは4歳にころからK-POPに憧れてダンスを始めました。

中学1年生の時に韓国の大手芸能事務所であるSMエンターテインメントのオーディションに2万人の中から日本人1人だけ合格し、韓国で単身生活を始めます。

数年間、練習生として頑張ってきましたが、デビューする事が叶いませんでした。

SMエンターテインメント練習生時代の活動名は「ラヴィ」という名前でした。

SMエンターテインメントを辞めてからは日本に帰国して通信制の高校に通います。

ステージに立ちたいという夢を諦めず、通信制高校に通いながらダンスや歌の練習を続け再び韓国でアルバイトをしてお金をためてオーディションに応募したそうです。

 

2019年MYSTIC STORYの練習生として入社し、歌やキム・シユンさんと話をしている姿が公開されました。

2019年10月のPopteenの表紙を決める戦い(第3次Popteenカバーガール戦争)に韓国人メンバーとして参加します。

2020年1月ではPopteenの専属モデルとして活動します。

3月には4月号の専属モデルとしてデビューしました。

6月には「マツコ会議」にも出演しています。

*韓国でK-POPデビューを目指す女子高校生「タルちゃん」

「世界的なアーティストになる事が目標です】と話していました。

 

11月には、「7+MELink」に参加し最初のシングル「MAGIC」を出しています。

その後は、コロナの影響で日本と韓国の往復が難しくなり2020年12月15日でPopteenモデルをお休みすることを報告しています。

韓国での練習生として生活を続け、夢のK-POPアイドルとしてデビューするために、モデルの仕事ではなく、また困難な道を選びます。

世界的なアーティストになるという夢を叶えるため、慢心することなくひたすら前向きに行動されてきました。

そして、2021年11月にガールズグループ「Billie」(ビリー)のツキとしてデビューすることになりました。

 

 

Billlie ツキ「まとめ」

ファンの反応では、

「ツキのパフォーマンスが見ていて楽しい」

「一度見たら目が離せない」

「表情管理が素晴らしすぎる」

と言ったコメントで殺到しているようです。

他のメンバーのチッケム(ファンが推しを撮ったファンカメラ)は1万~3万再生管理に対して、ツキのチッケムは53万回の再生数に達しています。

これまでの苦労がようやく実を結び始めたようです。

真面目で面倒見のよいツキ(タルちゃん)がもっと活躍を見せて、「世界的アーティスト」になるという夢を叶えて欲しいです。

 

 

 

コメント