Perfumeとライゾマティクスはいつから活動しているの?何をしている会社なの?

アーティスト

Perfumeのライブでは近未来的な演出が話題ですよね。

PerfumeのPVやライブを見ると他のアーティストにはないような演出技術を用いています。

唯一無二の技術ではないかと思うのですがその演出を手掛けているのはライゾマティクス(Rhizomatiks)という会社です。

Perfumeライゾマティクスはいつから活動しているのか?
何をしている会社なのか?

解説していきます。

Perfumeとライゾマティクスの関係とは?


PerfumeのMVなどのディレクターをしている関さんを通して紹介され、2007年~2008年頃から企画の提案をし続けたそうです。

Perfumeのコンサートの演出の技術サポートをするクリエイター集団として今は有名ですがその裏で苦労やなかなか演出を受けいれてもらえない事もあったようです。

2004年の時点ではメディアアートの応用を仕事にしているひとはおそらく日本で3~4組ほどで認知がされていなかったようですね。

そんな中、2006年にライゾマティクスを設立し今のように様ざまな企業やアーティストと活動しているみたいです。

今となっては当たりまえのようになっていますが、Perfumeさんの独特の演出をしているライゾマティクスですがいつから一緒に活動するようになったのでしょうか?

Perfumeとライゾマティクスはいつから活動開始しているの?


PerfumeのMVなどのディレクターをしている関さんに2007年~2008年頃からプレゼンを続けたそうです。

実際に演出を初お披露目できたのは2010年の東京ドーム・ライブからです。

最初は、ライブでお客さんが持つペンライトをステージ上からコントロールするプランなどを提案していたそうですが受け入れるのに苦労したそうです。

今では、当たり前の演出になっていますが、当時は目新しい事に受け入れることが難しかったのでと思います。時代の先駆けすぎたのでしょうね。

ライゾマティクスの真鍋さんは元々PerfumeのMVで面白いと思ってファンになっていたそうです。

当初からPerfumeの演出は世界に例を見ないくらい先進的な試みをしていたそうです。

一度、関係を築けるまでが苦労したようですが、その後はPerfumeさんだけではなくauのCMなどさまざまなものをメディアアートとして作品を作られました。

>>>真鍋さんのインタビューページ

 

Perfumeのライブでライゾマティクスは何をしているの?

Perfumeだけではなく、様ざまなアーティストや企業のCMなどではレーザー光線、映像、音響、ロボティクスなどの最先端技術を駆使して一つの芸術作品として演出している専門家集団です。

簡単に言えば、「最先端技術で演出を手掛けています」

このテクノロジーが関わる最先端技術の演出をするためには様々な分野の専門知識が必須です。

映像などで「イルミネーション」とよく聞きますが、光の演出やそれを行うプログラミング技術、電子工学、機械、光、音響といったすべての高度な専門知識がいる世界に誇れる技術の結晶なのです。

そういった、高い技術力があってこそアーティストさんたちもより一層輝いて見えていきます。

演出がすごいことでも目を見張りますが、アーティストや曲などの調和も必要です。

>>>ライゾマティクスとは?メンバーは誰がいるの?

Perfumeとライゾマティクスはいつから活動しているの?何をしている会社なの?まとめ

Perfumeとライゾマティクスは2007年から2008年頃から関わり始め2010年の東京ドーム・ライブから本格的に始動したといってもいいでしょう。

それを期に、ライゾマティクス自体も注目を浴び始めたといっても過言ではないですね。

5Gも始まり、さらに近未来化した演出が身近になってくることだと思います。
こういった世界にあこがれるならやっぱり東京理科大工学科などに行かないとむずかしいのでしょうね。(;´Д`)

これからも様々なアーティストと一緒にコンサートを仕上げていってほしいです。

コメント

  1. […] >>>Pefumeとライゾマティクスはいつから活動し始めたのか? […]

タイトルとURLをコピーしました