雪の日に日焼け止めは必要?髪の毛や目の紫外線対策も紹介!

生活

雪の日は日焼け止めを塗らない方もおられますよね。

夏はしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策をしているのに、

冬や雪が降る日は日焼け止めまで塗らない!

雪の日にどんな日焼け止めを塗るのがいいのかわからない!

そんな方のために、冬の雪の日にどんな日焼け対策をしたらいいのか調べてみました。

雪の日に日焼け止めが必要な理由

◆雪が多い2月は紫外線量は10月と同等

2月は1年で最も寒いと言われ、全国的にも大雪に見舞われることがあります。

降雪量も多い2月は、紫外線量の強さは10月と同等だと言われているそうです。

夏と比べても10月はまだまだ紫外線量を気にする時期です。

紫外線量は10月と同等に比べ、雪が積もると反射でさらに紫外線を浴びて「雪焼け」をしてしまします。

 

◆雪は紫外線を80~90%反射する

紫外線は、目には見えませんよね。

太陽から熱線を感じると、紫外線を感じている気持ちになるかも知れませんが、冬の雪の日でも紫外線は絶え間なく降り注いでいます。

太陽からの紫外線が直接肌に届くだけではなく、雪が積もっていると

雪に紫外線が反射して照り返しでの紫外線まで浴びてしまします。

アスファルトからの照り返しが10~20%ですが、

雪は80~90%もの紫外線を反射しています。

・太陽からの直接的な紫外線

・雪によって反射された紫外線

つまり、雪の日こそ紫外線対策をしっかりと行う必要があるのです。



◆暖かい日差しを浴びがち

寒い冬場では、日光がでていると暖かくついつい日差しを浴びてしまいがちです。

しかし、紫外線対策をしていないと、その分紫外線を浴びてしまいます。

ダメージが肌に蓄積され、冬場で乾燥する時期に日光を浴びてしまうのはお肌にとってかなりのダメージになります。

 

雪の日の日焼け止めはどんなものが良い?

雪の日は、どんな日焼け止めがよいのでしょうか?

夏のように汗をかかないのでウォータープルーフでなくても大丈夫です

冬場は乾燥をしているので、紫外線散乱剤フリーのものを!

保湿成分が配合された日焼け止めがGood!

このような日焼け止めが良いかと思います。

また、上記以外に目的にあった下地も可能な日焼け止めであったり、

塗り心地が良いもの肌触りが良いものを選んでもよいでしょう。

また、スキーやスノーボードを楽しまれる予定の方は

スキー場は「山場」で「雪が積もっている」ので

普段の日焼け止め対策より念入りにしておきましょう。

おすすめの日焼け止めはコチラをcheck!!

よりしっかりと紫外線対策をしたい方はカラダの内側から効くサプリがおすすめ

日焼け止めサプリはこちら!

雪の日に最適な髪の毛や目の紫外線対策を紹介!

雪の日の紫外線対策が必要なのはお分かりいただけたかと思いますが、

「じゃあ、どんな日焼け対策をしたらいいの?」

「髪の毛や目の紫外線対策にはどんなものがいいの?」

そんな声にお応えして、雪の日の紫外線対策に最適なアイテムを調べました。

 

「髪の毛」の日焼け対策商品

「目」の紫外線対策商品!

 

 

雪の日の日焼け止めまとめ

雪の日の日焼け対策をしっかりと行わないと、数年後に「肌老化」が起こり、

シワ、シミの原因になります。

冬だからと油断せずに、しっかりと年中紫外線は降り注いでいますから

雪の日でも日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策を怠らないようにしましょう!

雪の日の日焼け止めはこのようなものを選択!

夏のように汗をかかないのでウォータープルーフでなくても大丈夫です

冬場は乾燥をしているので、紫外線散乱剤フリーのものを!

保湿成分が配合された日焼け止めがGood!

冬におすすめな保湿成分たっぷりの日焼け止めはコチラ♪

 

 

コチラの記事も読まれています>>>夏の紫外線対策はこちら♪

コメント