紫外線対策っていつから必要なの?肌や目からの悪影響が半端ない!

生活

紫外線対策みなさんきちんとしていますか??

夏だけ日焼け止めを塗っている人など人それぞれですが、紫外線は一年中あります。

紫外線は何月が多くなるのでしょうか?

紫外線対策グッズが町で見られるようになるとそろそろ紫外線対策しなくては!と思うようになります。

肌はもちろん目からの悪影響が見落とされがちです。

どんな対策が有効なのかいろいろグッズも含め調べました。

それでは紫外線の肌や目の悪影響についてまとめてみました。

紫外線ってなに?

太陽からの光にはいくつか種類があります。
光の波長の長さによって赤外線、可視光線、赤外線に分けられます。

可視光線(目に見える光)よりも短い波長のものが紫外線です。

さらに紫外線の中でも3種類に分けられます。

波長の長さが長いほうからUV-A、UV-B、UV-Cになります。

紫外線の種類

UV-A(波長が長い)

私たちへの影響はUV-Bより少ないものです。
太陽光の数%程度含まれます。(紫外線の90%)

大気の吸収を受けづらくそのまま地上へ達するものです。

別名「生活紫外線」ともよばれ、窓ガラスも通過して肌の真皮層にも達します。

ハリや弾力を生むコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作りだす線維芽細胞を傷つけ、肌が黒くなり、しわたるみを引き起こします。

UV-B(AとBの間)

私たちへの影響が最も多くあるものです。

太陽光に0.1%含まれます。(紫外線の10%)
オゾン層でほとんど吸収されて残りが地上へ達します。

別名「レジャー紫外線」とも呼ばれ、外での日焼けの主な原因です。

たくさん浴びると、皮膚が赤く炎症し(サンバーン)、メラニンを生成させて(サンタン)シミ色素沈着の原因となります。

UV-C(波長が短い)

地上での私たちへの影響はないものです。
成層圏、オゾン層ですべて吸収されて地上には達しません。

つまり、私たちに影響があるのはUV-AとUV-Bです。

紫外線対策はいつからするのがベスト?!

紫外線は太陽が出ている限り1年中出ています。

夏ばかり気にしますが、春先も紫外線が強くなってきています。

なので、いつからいつまで紫外線対策をするのではなく、1年中赤外線対策を怠らないことが重要です。

将来にしわ、たるみ、シミなど肌悩みを増やさないためにも今からきっちり対策をしましょう。

メイクよりも先に紫外線対策!です。

今から紫外線対策を始めてトラブルのないクリアな肌へ!

紫外線での肌への悪影響

UV-Aはしわたるみの原因となり肌の老化を引き起こします。

メラニンの色素合成を増加させ、シミが濃くなる原因になります。
最近よく聞くようになった光老化の主な原因がUV-Aです。

UV-Bはメラニンが分泌されてシミやそばかすの原因になります。

肌の老化の原因の8割が光老化が原因と言われています。
ですから、いかに紫外線対策が大事かわかりますね。

また、紫外線を多く浴びすぎると皮膚にダメージを与え、細胞のDNAに傷がつきます。

再生→ダメージ→再生→ダメージ→再生と繰り返すうちに修復間違いが起こり元通りに再生されないことがあります。

これを突然変異と呼び、がんの発生遺伝子であった場合は皮膚がんになります。

紫外線での目への悪影響

肌ばかりに目を向けがちですが、目からも紫外線が入ってきます。

紫外線が目の角膜にあたると、角膜が炎症を起こして充血、目の痛みなどの症状が出ます。(=雪目と言う)

目に入ると水晶体で紫外線が吸収されて、水晶体のたんぱく質に影響して白内障になります。

遺伝や加齢で白内障になることもありますが、紫外線も大きな原因になります。

白内障の手術もあるようですが、できることならしたくないですよね。
目を大事に使いましょう。そして目を守ることも忘れずに!

紫外線対策有効な方法は?何を重点にすればいい?

日やけ止めを塗る

よく聞く、SPFやPAについて説明します。
SPF(紫外線防御指数)UV-Bに対しての防止効果
数値が高いほど効果も高くなりますが肌への負担も高くなります。

PAUV-Aに対しての防止効果
+の数が多いほど効果を発揮します。SPFと同じように+の数が多いと肌への負担も高くなります。

普段:SPF30、PA++
屋外での作業:SPF30~50⁺、PA+++~++++

が目安で日焼け止めを選びましょう。

サングラスをする

紫外線カットのあるサングラスを選びましょう。

サングラスでは帽子と比べると4倍以上の紫外線カットが期待されます。
サングラスの隙間からも紫外線が入ることがあるので自分の顔に合ったものを選びましょう。

有効な紫外線対策

日やけ止め、帽子、日傘、UV対策のある服、紫外線カットのサングラスをする!

これが最も有効な紫外線対策です。

少なくとも、肌へは日焼け止め、目へはサングラスをして対策しましょう。

紫外線対策おすすめグッズ

あとがき

紫外線って目に見えない分、どれだけ自分に降り注いでいるのかわかりません。

だからこそしっかりと紫外線対策をして健康被害や悩みの原因となるシミ、しわ、たるみなどを予防することが大事です。

日焼け止めも塗り直しをしっかりしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました