がーまるちょばの解散理由は?オリンピックで活躍もケッチの現在は!

トレンド
スポンサーリンク

東京オリンピックの開会式でピクトグラムのパフォーマンスが盛り上がりましたね。

顔出しはしていなかったことからピクトグラムの中の人は誰?と話題になりました。

後に、がーまるちょばのHIRO-PONと弟子のGABEZの二人で合わせた3人でのパフォーマンスだったことがわかりました。

そこで、がーまるちょばとは何者なのか?ヒロポン1人なの?ケッチは出演しないの?という声がありました。

がーまるちょばが何者で、解散理由は何だったのか?オリンピックで活躍したヒロポンですが、元相方のケッチは今どうしているのか?調査してみました。

 

 

スポンサーリンク

がーまるちょばの経歴とプロフィール

今回話題になった東京オリンピック開会式でのピクトグラムの中の人(青色)は「がーまるちょば」のヒロポンさんです。(黄色いモヒカンの方)

そこで、「がーまるちょば」を知らない人のために何者なのか調べてみました。

がーまるちょばは年齢や本名などは非公開ですが、ヒロポンは埼玉出身で、ケッチは東京出身だそうです。

 

1999年にヒロポン&ケッチがコンビを組んで結成したのが「がーまるちょば」です。

しかし。2019年にケッチ!が脱退し、ヒロポン1人でがーまるちょばを引き継いでいるようです。

がーまるちょばといえば、パントマイム・サイレントコメディーの第一人者で有名で結成から5年足らずで世界的に有名になります。

世界中からオファーが殺到し、多くの賞を受賞されています。

海外では、心で世界を動かす笑いのロックンローラー

と特集され、30か国以上から招待されています。

そんな輝かしい経歴をもっているがーまるちょばのヒロポンとケッチ!ですが解散理由はなんだったのでしょうか?

不仲説もあるようですが真相は・・・・。

 

がーまるちょばの解散理由は?ソロ活動してるの?

なぜ、多くの賞を受賞してまだまだ活躍できそうなのに解散してしまったのか気になりますよね。

解散の理由は、ケッチ!(赤いモヒカン)さんがパントマイム以外にやりたい事がいくつかあってヨーロッパに移住することを決めたからだそうです。

パントマイムで成功し、次の新しいことに挑戦したかったということだったのでしょう。

ヒロポンさんは「石橋を叩いて、叩いて割ってしまうタイプ」で、ケッチ!さんは「割れた石橋をピョンピョン飛んでいくタイプ」だそうです。

ヒロポンさんは慎重すぎる一方で、ケッチ!さんは行動力があってやったらなんとかなるでしょっていうタイプなのかなと感じました。

早い段階で世界的にも認められ、20年経ったところでもっと違う事をしてみたくなったのかもしれませんね。

 

 

オリンピックのピクトグラムの海外の反応は?

 お気に入りのシーン!見ていて楽しい

開会式の再放送みているけど実写のピクトグラムまじでカッコいい。

 

 

実写版ピクトグラムってとても日本っぽいね。

とりあえず、東京オリンピックの開会式で一番のパフォーマンスはピクトグラムだったよね?みんなそう思うよね!
海外の反応は好評でよかったです。
テレビではピクトグラムの演出を移していましたが、上空ではドローンによるピクトグラムの演出もあったようです。こっちもすごい!

がーまるちょばのケッチの現在は何をしてるの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ketch/ケッチ(@ketchcomedy)がシェアした投稿

がーまるちょばは元々2人のコンビでしたが、東京オリンピックではヒロポンさんと弟子のガベジ2人の3人でのパフォーマンスでした。

気になっている元相方のケッチ!さんの現在について調べました。

ケッチ!さんはがーまるちょば脱退後、イタリアを中心にパントマイムを主軸にして活動していたそうです。

ですが、2020年3月オーストラリア滞在中にコロナのロックダウンに遭遇し帰国します。

4月からは奥様の実家のある長崎県雲仙市に住み、パントマイムから離れ農業を手伝っていたそうです。

元々パフォーマーであり、コロナで舞台などの在り方が変わり今と未来のためにできることはないかと長崎でワークショップを開き、若者の育成を手掛けているそうです。

また、雲仙ふるさと大使もされているそうです。

2021年11月には兵庫県立芸術文化センターで初のソロ舞台も予定されています。

ケッチ!さん自身も当初やりたかったことはコロナで出来なかったと思いますが、それぞれの道を歩んでいます。

 

 

「がーまるちょば」まとめ

オリンピックのピクトグラムのパフォーマンスをしたのはがーまるちょばのヒロポンさんと弟子のガベジのマサとヒトシです。

海外からも評価が高かったピクトグラムのパフォーマンス。

特別な音楽や演出が無くてもっ人を感動させることができるパントマイムの可能性をまた一つ広げたように思います。

今後は、がーまるちょばのヒロポンとガベジのマサとヒトシのコンビで活躍されるかもしれませんね。

 

 

コメント