ルイボスティーの効能・効果、健康と美容のレシピ紹介!

健康・美容
スポンサーリンク

「ルイボスティー」って聞いたこともある方が多いんじゃないでしょうか?

健康や美容にいいお茶!という事は知っているかもしれませんが、実際どれだけ効果・効能があるの?という事で今回ルイボスティーについてまとめました。

カフェインが入っておらず妊婦さんにも安心して飲める健康茶であります。

南アフリカしか取れない希少な茶葉ってこと知っていましたか?ふつうのお茶より少しお高いですがそれだけの効果効能があるのです。

お茶としてだけでなくいろいろなルイボスティーの使い方も紹介します。
皆さんもルイボスティーで体質改善してみませんか?

スポンサーリンク

ルイボスティーってどんなお茶なの??

南アフリカ原産のルイボスティーは首都のケープタウンから北に250キロの場所にあるセダルバーグ山脈の一帯で栽培されています。
世界中でもこの場所でしか育たないそうです。

ミネラルが豊富な土と朝と夜の寒暖差が激しい地域でのみの栽培できるという事でとても貴重なお茶なのです。

「不老長寿のお茶」「奇跡のお茶」として古くから先住民たちに飲まれてきました。

ロシア人によって発見されたのが20世紀の初めであり、ルイボスティーを飲んでいる部族と飲んでない部族では明らかに見た目年齢が違ったそうです。

そこからルイボスティーが知られるようになり、イギリス・オランダに広まり、日本に入ってきたのは約30年前でかなり最近のことみたいです。

ルイボスはマメ科針葉樹林です。だいたい1.5mほどの低い木ですが、その根は10倍以上も伸びているそうです。

それは、過酷な環境で地中に深く根を下ろしミネラル豊富な水分を吸い上げて葉っぱにため込むためだそうです。

そのはっぱを乾燥させてルイボスティーになるわけです。

■■ルイボスティーの効能・効果は?
お高いお茶を飲むのですからそれなりの効果効能がないとなかなか手が出せません。いったいどんな効果があるのでしょうか?薬に頼らずに体質改善できれば健康にも美容にも良い一石二鳥なお茶なのです。

ルイボスティーの成分

ルテリオン(強い抗酸化作用)
ケルセチン(強い抗酸化作用)
ルチン(抗酸化作用・抗炎症作用・血流改善効果)
ジヒドロカルコンC
アスパラシン(強い抗酸化作用)
ミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄など)

これだけ見ると結構すごいお茶であることがわかると思います。
抗酸化作用だけでなく、ミネラルが非常に多く含まれています。今の現代人に不足しがちなマグネシウム亜鉛も含まれています。

そして、カフェインが含まれていません。
なので妊婦さんにも安心して飲んでもらえます。

その他うれしい成分がたくさんあります。
ルイボスティーに含まれる抗酸化成分はポリフェノールの一種であり、老化の原因の活性酸素を取り除いてくれます。

活性酸素とは、ストレス、や紫外線など日常生活で出してしまうものなので、活性酸素を取り除くことで老化を防いでくれます。
「ゴースト血管」の予防・改善も期待できます。

そして、代謝を高める効果があるため、ダイエットへつながります。無理なくカロリー消費ができてなおかつきれいになれます。

整腸作用もあるため便秘解消効果も期待できます。

酸化マグネシウムなど便秘薬がありますが、なるべくなら薬を使わずに毎日うんちがでたらうれしいですよね。

利尿作用もあるため、むくみに対しても効果があります。

ルチンという成分ですが、毛細血管を強化してくれる成分です。

血流改善、血圧を下げる効果がある成分であり医薬品にも使用される成分です。
それがルイボスティーにも含まれています。

脂質や糖質の代謝を高めることから、基礎体温の上昇も期待でき、冷え性に効果的です。

温まりたいときはホットにして飲むようにしましょう。
体を温めることで良質な睡眠をとりやすくなります。

寝る1時間前ぐらいに1杯飲んでから寝ると良いです。
ノンカフェインのため、就寝前に飲んでも目が冴えるという事はありません。

アトピーにも効果があります。アトピーは私も小学校の時ひどかったです。背中、腕、足にできていました。

アトピーの痒みにルイボスティーのアレルギーの症状を起こすヒスタミンを減らしてくれます。
おかげで、痒みが抑えられます。

ヒスタミンを減らすという事で、花粉症にも効果的です。

花粉症発症時期に合わせて飲んでみると良いかもしれませんね。

そして、アルコールを飲んだら肝臓が解毒してくれます。

アルコールを分解するのに水分が必要なため水分補給にもなりますし、ミネラルが肝臓に働きかけて二日酔いを緩和してくれます。

書いても書ききれないほど良いことがたくさんありますね。下の記事に箇条書きでまとめました。

代表的な部分だけ↓

ルイボスティーの健康作用

むくみ改善
便秘解消
毛細血管の強化
ゴースト血管改善
血圧を下げる
代謝UP
血流促進で冷え性を改善
良質な睡眠
アトピー性皮膚炎緩和
花粉症緩和
二日酔いの改善

ルイボスティーの美容作用

抗酸化作用
ダイエット効果

抗酸化作用によって活性酸素を減少させます。活性酸素を減らすと健康にも美容にも◎なのです。

シミ・ほうれい線、アトピーなどの皮膚炎、薄毛、白髪、加齢臭にも効果が期待できます。

活性酸素恐ろしいですね。これさえなければ・・・・。

ストレスや紫外線、アルコール摂取などで活性酸素ができるので、もう減らす手段を考えるほかありません。

髪の毛や加齢臭のもよいので女性だけでなく、男性にも飲んでほしいお茶です。

活性酸素を減らすといい事ばかりなのです。

免疫力も上昇できますし、ゴースト血管の改善することで、脳卒中や心筋梗塞などの危険性を抑えられます。

スーパーオキシドディスムターゼ(SOD酵素)が活性酸素を分解して減らしてくれます。

これが、もはや国民病である糖尿病・動脈硬化・メタボリックシンドロームなどの予防改善に役立ちます。

なんと!病気の9割近くが体内で発生する活性酸素が原因と言われております。

結果、活性酸素を減らすことは病気を防ぐことです。かつ美容にも良いのできれいになって病気も防げて一石二鳥以上の効果があります。

カフェインがないのでお子様や妊婦さんも安心して飲むことができるまさに「奇跡のお茶」なのです。

ルイボスティーの種類レッドとグリーン

①レッドルイボスティー
②グリーンルイボスティー

の2種類があります。

違いは何かというと、
レッドルイボスティーは紅茶のような感じです。
赤褐色で発酵処理をしているお茶です。

 グリーンよりも香りに少し癖がある
 甘味がある
 スーパーなどで気軽に手に入る
 安価

②グリーンルイボスティーは緑茶のようにくせが少なく飲みやすいです。こちらは発酵させておらず低温で乾燥させた茶葉です。

 抗酸化作用がレッドの10倍
 香りにくせがなく飲みやすい
 発酵させていないため高価

ルイボスティーはこんな人におすすめ!

いい事ばかりのルイボスティーで、副作用の報告もありません。(飲みすぎはお腹が緩くなることも)

家族みんなで飲んでほしいルイボスティーですが、特にお勧めしたい人はこんな人たちです。↓

 妊婦さん
 授乳中の方
 妊活中の方
 花粉症などのアレルギー症状で悩んでいる方
 老化を防ぎたい方
 男性の方(加齢臭やお酒をよく飲む方)

つまり、皆さんに飲んでほしいお茶です。

ルイボスティーはカフェインが含まれていません。

なぜ妊婦さんがカフェインの摂取を気にするかというと、過剰摂取することで、流産や胎児の発育が遅れる恐れがあるためです。

また、カフェインの取りすぎによって低カリウム血症になると考えられます。

カリウムが減少すると不整脈、筋細胞の崩壊などが起きる危険があります。

カルシウム不足の人が過剰摂取すると骨粗鬆症になる可能性が高まるといわれています。

なんにせよ過剰摂取はよくないのです。ほどほどが一番!

また、ルイボスティーには亜鉛も豊富に含まれています。亜鉛の働きはDNA合成にかかわり赤ちゃんにとってとっても重要な栄養素なのです。

不妊で悩んでいる方は卵子の老化を早める活性酸素を取り除くといううれしい効果があります。

花粉症には花粉症が始まる1か月前あたりから飲み始めると効果的と言われています。

抗酸化作用により体内のたんぱく質や脂質が糖と結合して起こる老化現象を食い留めることを期待されます。

また、血糖値の上昇を抑制する効果もあるので、食前、食間に飲むことをお勧めします。

ルイボスティーのおすすめレシピ紹介

ルイボスティーはお茶として飲むだけでなく様々なアレンジがあります。そのうちのいくつかを紹介します。

基本的なルイボスティーの作り方

ポイント!

十分に煮出すこと。
パックや茶葉をただ浸すだけよりもより効果を高めたいならば、十分に煮出しましょう!
10分以上~30分くらいが目安です。10分以上に出すことで欲しい成分抗酸化作用が強い物質が多く出てきます。
毎日コツコツと飲み続けましょう。

おすすめレシピ!

ルイボスゼリー

ルイボスティー  250ml
ゼラチン     6グラム
水        大さじ2
砂糖       大さじ1

① 水とゼラチンを混ぜて溶かす。
② ルイボスティーと砂糖と①を混ぜる
③ 容器に入れ冷やして固める

ルイボスチャイ

ルイボスティー    100ml
豆乳         300ml
はちみつなど     お好みで追加
シナモン粉      お好みで追加

① しっかり煮出したルイボスティーと豆乳を合わせる
② お好みではちみつや砂糖、シナモンを追加

ルイボスミルクティー

ルイボスティー    200ml
砂糖          5グラム
ミルク        150ml

① 煮出したルイボスティーとミルクを加える。
② お好みで砂糖を追加

ルイボスクッキー

無塩バター      100グラム
砂糖         50グラム
卵黄         1個
薄力粉        150グラム
ルイボス茶葉     5グラム

① 茶葉をミキサーですりつぶしておく
② バターと砂糖を加えて混ぜる
③ ②に卵黄を合わせて泡立てない様に混ぜる
④ ③と茶葉と薄力粉を加えてしかり混ぜる
⑤ 出来た生地を棒状に整えてラップにくるみ冷蔵庫で寝かせる(1時間以上)
⑥ オーブンを180度に温め、その間クッキーの形を作ったり、そのまま丸い形で切りクッキングシートの上に並べる。
⑦ オーブンで18~20分程度焼く。
⑧ 冷まして出来上がり!

ルイボスティーのおすすめ商品紹介

グリーンルイボスティー

レッドルイボスティー

ルイボスティーでダイエット

ルイボスティーの作用には、代謝を高める効果がありダイエットへつながります。
無理なくカロリー消費ができてなおかつきれいになれます。

整腸作用もあるため便秘解消効果も期待できます。
という事で、ルイボスティーを飲んだら痩せるわけではありませんが、痩せやすくすることができます。

無理なダイエットをするより継続できることから始めましょう。

急に運動や食事制限をしてもなかなか続きません。
健康的に無理なく痩せることが結果的にダイエットになります。

ポイント!

しっかりと煮出すこと!10分以上
ホットでいただく
毎日2~3杯を目安に飲む
おすすめの飲むタイミングは起床後です。朝から内臓を温めると消化器系が活発になります。
最低3か月は継続すること

ルイボスティー実際飲んでみての感想

私は、市販のレッドルイボステーを飲んでみました。
紅茶のような感じで最初は飲みにくいと感じましたが、飲んでいるうちにおいしさがわかってきて平気になりました。
早く効果を求めてしまいがちですが、「継続は力なり」です。
ノンカフェインなのでコーヒー中毒な私は物足りるのかな?と思いましたが全然大丈夫でした。
生理痛やPMS症状が緩和したような気がします。
抗酸化作用はよくわかりませんが、何年か後に効果を実感するときが来るのかな?と思います。
良い事ばかりなので一度飲んでみてはどうでしょうか?
慣れれば、一日ルイボスティーでも飽きません。

ルイボスティーまとめ

「不老長寿のお茶」「奇跡のお茶」と呼ばれている。

老化の原因の活性酸素を取り除く作用がある
「ゴースト血管」の予防・改善
代謝を高める効果
整腸作用で便秘解消効果
冷え性改善
ノンカフェインである
良質な睡眠
むくみ改善
毛細血管の強化
血圧を下げる
アトピー性皮膚炎緩和
花粉症緩和
二日酔いの改善
抗酸化作用
ダイエット効果

などの効果がある。

コメント