お見送り芸人しんいちってどんな人?歌ネタ僕の好きなものが面白い!

トレンド

ピン芸人日本一決定戦で「R-1グランプリ2022」を獲得したお見送り芸人しんいちさん。

お見送り芸人しんいちさんについてあまり知らない人のために

お見送り芸人しんいちはどんな人なのか?

ネタはどのようなものなのか?

歌ネタはどうやって生まれたのか?

お見送り芸人しんいちという名前の由来は?

お見送り芸人しんいちの僕の好きなものという歌が面白いのか?

気になっている事を調べてみました。

お見送り芸人しんいちってどんな人?

 

名前:上野晋一(お見送り芸人しんいち)

生年月日:1985年4月21日(2022年現在36歳)

出身地:大阪府大東市

身長:176cm

体重:67kg

血液型:A型

大学:大阪経済法科大卒

事務所:グレープカンパニー

デビュー:2009年 コンビ「しんいちけんぢ」を組む→2011年解散

一時活動休止。

2013年グレイプカンパニー所属。

コンビ「田中上野」として活動開始。

2019年。2020年「歌ネタ王決定戦」の決勝進出。

お見送り芸人しんいちさんは今年が最後の「R-1」の挑戦でした。

総勢3199人の頂点に立ちました。

「僕一人では本当に取れなかった。僕を拾ってくれて、クビ寸前でも引き留めてくれたマネジャーさんに感謝したい」。

とお話しされていました。

お見送り芸人しんいちさんは大学卒業後、松竹芸能の養成所の同期と「しんいちけんぢ」のコンビを組みます。

大阪を出て、上京しますが相方が消防士になる夢を叶えるため芸人を引退します。

グレイプカンパニー所属となりますが、ピン芸人としてデビューしてもなかなか売れませんでした。

2019年になってから「R-1ぐらんぷり」で準決勝進出し、「歌ネタ王決定戦」では決勝進出を果たしました。

「R-1ぐらんぷり」が芸歴10年以下という出場条件になったため、今年2022年がラストチャンスでした。

 

毒のある歌ネタで笑わせたお見送り芸人しんいちさんですが、歌ネタや芸名の由来について調べました。

お見送り芸人しんいちさんは実はお笑い界きってのサッカー好きです。

子供のころの夢はサッカー選手芸人だったようです。

高校は大阪北陽高校(関西大学北陽高校)のサッカー部出身だそうです。

ピースの又吉さんとは同じ高校のサッカー部の先輩だそうです。

サッカーの腕前は良く、インターハイにも出場し実力を認められてサッカー推薦で大阪経済法科大学へ入学します。

大学時代にはサッカーのプロの世界からの声はかからず、もうひとつの芸人になるという夢を叶えるためにお笑い界へ入ったそうです。

サッカー選手としての夢は残念ながら叶いませんでしたが、今でもサッカーがダイスキだそうです。

Jリーグ・セレッソ大阪の熱烈なサポーターです。

子供のころの夢をずっと追いかけ続けるのはすごい事だし誰でも出来ることではないなと思いました。

サッカーがダメだったら、普通に就職しようと考えるのが一般の人の考えだと思います。

ですが、お見送り芸人しんいちさんは芸人というサッカー選手も狭い道ですが、同じく狭い道を選ぶ勇気が尊敬します。

また、お見送り芸人しんいちさんは「昭和の破天荒な芸人」に憧れているそうです。

モテたい願望が強いこともあり、自分の家を持たずにギターだけ持って仲の良い女性や彼女の家に渡り歩くという生活をしているそうです。

かなりの破天荒なザ・昭和の売れていない芸人みたいな生活でビックリしました。

 

 

お見送り芸人しんいちの歌ネタはどうやって生まれた?

お見送り芸人しんいちさんの今の歌ネタと芸名はなんと「サンドイッチマン」さんから授かったものだそうです。

とても良くしてくださる先輩のようで、

「2人にはありがとうございますしか出ない。お小遣いもいっぱいもらったし、靴も買ってもらった。今後は自分が後輩に払えるようになりたい」

と語っていました。

「お見送り芸人しんいち」の名付け親は伊達みきおさんだそうです。

ギターと歌をやれと言ってくれたのが富澤たけしさんだったそうです。

なぜ、「お見送り芸人しんいち」なのかと言うと

しんいちさんがデビュー当時ライブに来てくれたお客さんに気持ちよく帰ってもらうために「お疲れ様でした」と大きな声で丁寧にお見送りをしている姿を所属事務所の先輩のサンドウィッチマンさん(伊達みきお)が見ていて命名してくれたそうです。

真面目な「お見送り芸人しんいち」さんだからこそ先輩のサンドウィッチマンさんも気にかけていたのだと思います。

ギターと歌のおかげでピン芸人として活動する傍ら、2015年から同じ事務所の田中光さんと結成したユニット「田中上野」でも活躍しています。

お見送り芸人しんいちさんと組んでいる田中光さんは【サラリーマン山崎シゲル】シリーズで有名な人気漫画家でもあります。

田中光さんが描いたイラストを上野さん(お見送り芸人しんいち)がギターと歌に合わせています。

「鬼に金棒」などのことわざを歌にして「ことわざソング」を作っています。

 

お見送り芸人しんいち「僕の好きなもの」が面白い!

お見送り芸人しんいちさんの歌ネタは人に言えそうで言えないことや勝手な妄想、面白くディする歌詞がウケています。

アコースティックギターを弾きながら、自虐ネタ?を披露して笑いをとっています。

「僕の好きなもの」では、歌詞を自由に変えることもできます。

視聴者からの好きな事で歌たりと視聴者参加型のライブもできますよね。

YouTubeのコメント欄でも、僕の好きなものの歌詞で様々な声が寄せられていました。そのまま新しい歌詞にできそうです。

ちなみに、ネタに登場する人達のことはダイスキだそうです。

すでに怒っている方もいるようですが・・・。

 

コメント